スマホ

ipadでオリジナル機能を作成~アプリ開発で世界に発信~

アプリの開発は

就職するなら

PC

今iphoneをはじめとするスマートフォンが普及したことにより、それと同時にiphoneのアプリ開発といった開発職も需要が高まっています。近頃では通常のソフトウェア開発を行っていた企業がアプリ開発をしていることも少なくは無く、また、iphoneのアプリ開発を専門に行っている企業もあります。就職する際に関しては、やはりiphoneブームはまだ終わる傾向は無いので安泰ではありますが、やはり今後の事を考えるとソフトウェア開発も一緒に行っている方がアプリ開発以外の選択肢を選ぶこともできるので就職の際にはその点を考慮して入社する企業を選ぶ必要性があります。ですが、アプリ開発を専門とする企業は社長が若い人であることが多く、年齢の近いメンバーで楽しく仕事をしたいのであればそちらがオススメです。

自力でできる

iphoneのアプリ開発に関してはプログラミングを勉強して企業に入社しなくても家でできます。そのため、個人でアプリ開発をして収入を得ている人もたくさんいます。iphoneのアプリ開発を行うのに勉強する必要のあるプログラミング言語に関してはObjectiveCもしくはiphoneアプリ開発のための言語と言っても良いSwiftの2つであり、どちらかで十分ですが、比較的Swiftの方がiphoneアプリ開発に特化したプログラミング言語であるのでそちらが簡単でオススメです。この開発したアプリケーションをiTunesなどで公開し、有料にすることで利益を得ることが出来るのですが、その受け取ることの出来る利益は70%となっています。